top of page
検索
  • 執筆者の写真Read the Air

COP28と化石燃料の究極的衰退

更新日:1月10日

ドバイの COP 28 では、その立地、企業ロビー活動のスキャンダル、その結果としての批判、そして最終合意で採用された文言を考慮すると、これまでにない形で化石燃料産業が議論の最前線に置かれました。



12月1日:2023年12月1日、アラブ首長国連邦ドバイのエキスポシティ・ドバイで開催された国連気候変動会議COP28での集合写真の後、アル・ワスルを歩く世界各国首脳。
12月1日:2023年12月1日、アラブ首長国連邦ドバイのエキスポシティ・ドバイで開催された国連気候変動会議COP28での集合写真の後、アル・ワスルを歩く世界各国首脳。 (写真提供: COP28 / アンソニー・フライハン)


文言が「段階的廃止」または「削減」ではなく、「公正、秩序的、公平な方法で化石燃料からの移行」として定式化されたことに失望したが、初めて「化石燃料」が直接言及された.


曖昧さをどうするか

長期的な環境活動家であるビル・マッキベンは、「COPはスコアボードであり、ゲームではない」、つまり「法制化されているように見えるが、そうではない」と肯定的な反応を示した。COPが象徴しているのは、今日世界が望んでいることの精神なのだ。 マッキベンは、この新しい定式化は、その曖昧な意味が意味するものを定義する権限を当事者に与えるものだと主張する。


彼の立場は、これらの曖昧な文は新たな油田、パイプライン、LNG 輸出基地への投資や開発を妨げるというものです。それが自分たちの将来の計画にとって同じことを意味するかどうかを判断するか、納得するかは、他の当事者次第です。たとえば、小さな島国の政府がどうなるかを想像してみてください。


IEA は終わりを迎える

しかし、文言や意図に関する議論を超えて、国際エネルギー機関 (IEA) は 2023 年 11 月の報告書で「石油・ガス業界にとって正念場が来ている」と述べています。「ネットゼロ移行の石油・ガス業界」。


IEA は化石燃料産業側にあると言えるでしょう。IEA は 1973 年の石油危機をきっかけにエネルギー供給の安定を維持するために設立され、最小限の緊急備蓄を保有する OECD 加盟国で構成されています。 90 日分の石油輸入量。


ネットゼロの世界では、IEA は石油需要が「2022 年のレベルの 4 分の 1」になると見ています (そのうちの 4 分の 3 は、石油化学原料などで使用される際に燃焼されません)。これは業界の大幅な縮小です。


そして二酸化炭素回収・利用・貯留 (CCUS) に関して言えば、政府機関は、現在の政策の下で 2050 年の気温 1.5 度目標を達成するために CCUS を導入するには、2022 年の需要よりも多くのエネルギーが必要になるという悪いニュースを伝えます (容量には言及していません) 2050 年までに 32 ギガトンの CO2 を貯蔵する予定です)。


これはビジネスの世界にとって何を意味しますか?

このような状況下で、石油・ガス会社自体はもちろんのこと、投資家や銀行がどのように事業を発展させ成長させ続けるのかを理解するのは困難です。大手エネルギー購入者にとって、再生可能エネルギーの電力購入契約(PPA)の検討をまだ始めていない場合は、今こそ検討を開始する時期です。


日本では、企業は選択肢の不足に直面しています。 RtAは、個々の企業や業界団体がロビー活動の力を行使して、再生可能資源の開発を加速する時期が来たと信じている。そうしないと、日本企業は、再生可能エネルギーへのアクセスが良くなり、その結果、ESGパフォーマンスが向上する国際的な競合他社と比較して、より高い資本コストに直面する可能性があるだけでなく、より予測不可能になる可能性が高い伝統的なエネルギー市場への望ましくないエクスポージャーに直面する可能性があります。中長期的な供給価格の決定に役立ちます。


誰もが COP28 で望んでいたものを得られたわけではないかもしれませんが、化石燃料産業の将来。企業は今日調整を行う必要があります。

閲覧数:7回0件のコメント

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page